不用品回収
2021/9/2

電話機が壊れた?つながらない故障の原因を確認する方法

電話機が不調な気がする…そんなときは買替を考えるべきなのか、迷ってしまうところですよね。電話機が本当に壊れているのか、どのように確認すべきなのでしょうか。電話機が壊れた、と思ったら確認すべき点をご紹介します。

また、電話機を処分することで、途上国を支援する方法もご紹介します。

電話機が壊れた?発信できない場合

電話機が壊れた、と感じるきっかけはさまざまだと思います。まずは電話の発信に不具合を感じるパターンや原因を確認してみましょう。

電話機の発信に不安を感じたら、受話器を取って耳に当て「ツー」という発信音を確認してください。電話をかけて呼び出し音が聞こえれば、相手の電話機に問題があるかもしれません。別の方に電話をかけてみて、正常につながるか確認しましょう。

呼び出し音が聞こえない場合は、回線タイプの設定を間違えている恐れがあります。取扱い説明書を参照し、モデムのリセット、つながっているコード類に誤りがないか確認してください。

それでも「ツー」の音が聞こえない場合は、コード類が断線していることも考えられます。予備のコードがあれば、取り換えてみてつながるか試してみましょう。

電話機が壊れた?受けられない場合

次は、電話が受けられないとき、何を確認して、どのような原因があるのか考えてみましょう。

着信だけできない場合は、いくつかの設定を確認してください。まずは着信音量の確認です。着信音の音量が非常に小さく設定されていれば、音が聞き取れていない可能性が考えられます。取扱説明書を確認し、着信音の設定を変更してください。

ナンバーディスプレイサービスに加入し、かつ電話機がナンバーディスプレイに対応している場合、電話機側でナンバーディスプレイ機能を有効にしていないと、電話を受けられないことになります。電話機がナンバーディスプレイに対応しているか、機能が有効になっているのか確認してみてください。

他にも、コード類の不具合も考えられます。発信ができなかった場合と同じように、予備のコードがあれば取り換えて試してみましょう。

電話機が壊れた?通話中の不具合

通話中に、何か不具合を感じてしまい、電話機が壊れてしまった、と感じることもあるかもしれません。雑音が入る場合は、どういった原因があるのでしょうか。

たまに雑音が入る場合は原因の特定は難しいです。相手側の状況も考えられますが、念のため電話機に接続されている各種配線をつなげ直してみましょう。

常に雑音が入り、配線をつなげ直しても解消されないようでしたら、NTT故障受付の番号にかけてみてください。こちらでは、電話サービスの故障等に関する相談を受け付けています。固定電話からは局番なしの「113」で、ひかり電話や携帯電話、PHSの場合は「0120-444-113」となります。

また、電話相手の方が電話機の拾えない音域で話しているかもしれません。固定電話には認識できる音域に限界があります。ほとんどの人の音域は認識出るはずですが、稀に電話が認識できる音域の範囲を超えてしまうことも、ないとは言い切れません。声のトーンを変えてもらうことで、聞き取りやすくなるかもしれないので、お試しください。

電話機が壊れて処分を検討するなら

もし、どんなに確認しても電話機が壊れてしまっている、ということになったら、処分ということになるでしょう。電話機の処分はさまざまな方法がありますが、おすすめは不用品回収業者に依頼することです。なぜなら不用品回収業者は、回収した電話機をリサイクルやリユースに役立て、自然環境にかかる負担を削減するからです。

さらに、不用品回収サービス「もったいない運送」は、利用する度に発展途上国の支援につながる仕組みとなっています。発展途上国は1日に必要な清潔な水を確保するだけでも、とても苦労する地域もあります。「もったいない運送」に電話機の処分を依頼することで、水資源に悩む発展途上国に、水を寄付することも可能なのです。電話機の処分を検討している、途上国の現状が気になる、という場合は、ぜひ「もったいない運送」のサービスだけでも確認してみてください。

もったいない運送 | 片付けが社会貢献や寄付につながる不用品回収

Share