不用品回収
2021/2/3

腕時計の捨て方は?自治体の回収から買取まで適切な処分方法

私たちの生活にとって重要な役割を果たす時間。それを常に確認できる腕時計は大変便利なものですよね。

しかし、何らかの理由で腕時計を手離すときは、どのような方法で処分すべきなのでしょうか。
腕時計の捨て方や適切な処分方法を考えてみましょう。

腕時計の捨て方は?適切な処分方法5選

それでは、腕時計はどのような捨て方があるのか確認してみましょう。

ここでは5つの処分方法をご紹介します。

自治体による回収!分類は不燃ゴミ?

手間をかけず、料金も発生することない腕時計の処分方法は、自治体によってゴミとして回収してもらうことです。

自治体によるゴミ回収は分別する必要がありますが、腕時計の場合は燃えないゴミか金属ゴミだと考えられます。

分別のルールは自治体によって異なりますので、ゴミとして出す前に必ず確認しましょう。

小型家電回収ボックスでリサイクル

腕時計は自治体によっては、小型家電リサイクル法の対象となります。

小型家電リサイクル法とは、サイズの小さい家電に含まれた資源をリサイクルするための法律です。

自治体の施設や商業施設に回収ボックスが設置され、好きなタイミングで家電の処分が可能です。

お住まいの地域で腕時計が小型家電リサイクル法の対象になるのか、どこに回収ボックスが設置されているのか、一度確認してみてください。

友人や知人に腕時計を譲る

腕時計は日々の生活を送る上で、大変便利なアイテムです。

そのため、不用と思った腕時計でも誰かにとっては必要なものになります。

捨ててしまうのであれば、必要としている人に譲った方が無駄はないと言えますよね。

身近な人に腕時計を必要としている人がいないか、まずは声をかけてみましょう。

買取サービスで腕時計を売る

繰り返しにはなりますが、腕時計は多くの人に必要とされているアイテムであり、中には高価なものがあります。

そのため、腕時計が不用になってしまった場合は、処分するよりも買取サービスを利用して売る方がお得な選択と言えるかもしれません。

可能であればリサイクルショップではなく、腕時計の買取専門サービスを利用した方が、適切な価格で買取をしてもらえるでしょう。

また、インターネットのオークションサイトやフリマアプリを利用することで、自由に腕時計を売ることも可能です。

ただ、これらは自ら価格設定から梱包配送も行う必要があるため、やや手間がかかってしまう方法だと言えます。

不用品回収業者に腕時計を回収してもらう

急いで片付けを終わらせる必要があるとき、多くの不用品が出てしまったときなど、不用品回収業者に依頼すると手間なく処分できます。

もし、多くの不用品を処分する機会があれば、腕時計も一緒に回収してもらいましょう。

料金はかかってしまうものの、迅速かつ手間なく不用品の処分が可能です。

腕時計を捨てる際の注意点!処分前に確認

腕時計を処分する前に、確認しておきたい点がいくつかあります。

まずは電池を取り出しているかどうか、ということです。

時計に電池を入れたまま、ゴミとして出してしまった場合、回収された後に発火や破裂する恐れがあるため、必ず取り外して別で処分しましょう。

また、時計はベルト部分が革やプラスチックの場合があります。

こちらもゴミとして処分する場合は、しっかりと分別する必要があるので、自治体のルールを確認した上、必要な場合は取り外します。

そして、しっかりと分別して処分するよう注意しましょう。

ただ、腕時計も大事な資源を含んでいますので、可能であれば捨てるのではなくリサイクルやリユースされる方法がないか検討してみてください。

腕時計の処分を不用品回収業者に依頼するメリット

最後に、腕時計を処分する上で、不用品回収業者に依頼する際のメリットをご紹介します。

不用品回収業者によって回収されたものは、多くはリサイクルやリユースに役立てられます。

腕時計も回収後は修理やメンテナンスされ、海外に輸出されることもあるのです。

他にも、回収場所を指定できるため不用品を自分の手で運ぶ必要がなく、同時に複数の不用品を処分できます。

もし腕時計を手離す機会があれば、不用品回収業者の利用を視野に入れてみてください。

リユースやリサイクル、寄付に繋がる不用品回収サービスをお探しなら、もったいない運送

Share