不用品回収
2022/6/29

不用品の寄付サービスを比較!おすすめ10選をご紹介

生活の中で出てしまった不用品。使い道がなかったとしても、ただ捨ててしまうことは「もったいない」と感じてしまいますよね。そんなときは、寄付という方法を検討してみてはいかがでしょうか。 しかし、寄付を募るサービスは数多く存在し、どれを利用すべきか迷ってしまうこともあるでしょう。今回は不用品を寄付できる、おすすめサービスをご紹介します。

不用品の寄付 おすすめサービス10選

不用品を寄付できるサービスは数多く存在します。その中から、おすすめのサービス10をピックアップしてご紹介します。

もったいないジャパン

NPO法人もったいないジャパンは、まだ食べられるにも関わらず廃棄される食品、使用できる日用品を幅広く集め、それを必要とする国内外の福祉団体、個人などに寄付するサービスです。幅広い品物を対象としているため、不用品がたくさん出てしまったときも、まとめて寄付することも可能でしょう。 NPO法人もったいないジャパンは、法人向けに、年賀状、官製はがき、往復ハガキ、未使用切手、外国通貨の回収も対応しています。さらに、寄付金による支援も可能で、郵便振込やクレジットカードが利用できます。

もったいないジャパン

国際子供友好協会

国際子供友好協会は、2008年に設立されてから、発展途上国の子どもを中心に支援を行っています。寄付の対象となる品物は、ぬいぐるみ、文房具、おもちゃ、自転車など、子どもが使用するものを主としています。寄付金による支援も可能であるため、特に子どもへ支援したいと考えている方は、ぜひ利用を検討してみてください。

国際子供友好協会

パワーセラー

不用品回収サービス、パワーセラーは不用品回収による社会貢献活動に力を入れています。 家電や家具、粗大ごみの回収だけでなく、遺品整理、ごみ屋敷の片付けも対応。まだ使える品物、リサイクルショップに引き取ってもらえない不用品は、途上国へ物資として送り、支援を行っています。 また、リユースによる売り上げの一部をボランティア団体に寄付し、フィリピンのスラムで暮らす子どもたちに、ワクチンやビタミン剤の購入に役立てています。

パワーセラー

もったいない運送

もったいない運送は、不用品を運送会社に渡すだけで、4つの社会貢献につながるサービスです。 回収対象となる品物は、家電、キッチン用品、生活雑貨とさまざまで、軽トラック1台分の不用品を送料のみで回収依頼が可能。利用する度に発生する4つの社会貢献とは、売上の一部で購入した水浄化剤を途上国に寄付、途上国の自立支援、障がい者の雇用創出、環境保全です。 また、運送業界を代表する「赤帽」と協業のため、安心して利用できるサービスです。

もったいない運送

古着deワクチン

古着deワクチンは、不用な衣類やバッグ、靴、服飾雑貨を対象に寄付を募るサービスです。申し込み後、送られてくる専用回収キットに不用品を詰めるだけで、不用品を寄付できます。 寄付した不用品は開発途上国を中心に輸出、販売して現地で再利用。さらに、古着deワクチンで注文する度に「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会」を通じて、開発途上国の子どもたちにポリオワクチンが届けられる仕組みです。 不用品を片付けると同時に、救われる命もあると考えれば、ぜひ利用したいサービスではないでしょうか。

古着deワクチン

ワールドギフト

ワールドギフトは、物品の寄付を中心に、開発途上国を支援する国際協力NGOです。対象となる品物は、古着、おもちゃ、ぬいぐるみ、キッチン用品など。 ワールドギフトの特徴は支援の対象が多いことが挙げられます。医療支援、食糧支援、環境保護支援、動物支援など、ワールドギフトに集まった寄付は、幅広く役立てられるのです。 また、ワールドギフトは不用品による寄付だけでなく、寄付金による支援も行っています。

ワールドギフト

キフコレ

キフコレは、不用品を段ボールに詰めて送るだけで寄付につながる、シンプルなサービスです。 キフコレに送られた不用品は、リユースやリサイクルに役立てられるだけでなく、寄付される度に安全な水をつくる浄化剤を購入して途上国へ送られます。また、キフコレはサイトのURLがSNSでシェアされるだけで浄化剤が寄付される、という取り組みも行っています。 世界中に安全な水を利用できない国は数多く存在し、それを支援すると同時に不用品を片付けられる、おすすめのサービスだと言えるでしょう。

キフコレ

ジョイセフ

ジョイセフは、世界の妊産婦、女性の命と健康を守る活動を中心とした、日本生まれの国際協力NGOですジョイセフはランドセルや学用品をメインに、携帯電話、タブレット、古本などを寄付の対象としています。寄付金による支援も可能であるため、もし女性の支援のために寄付したい、という明確な気持ちがあれば、ぜひジョイセフを利用してみましょう。

ジョイセフ

エコトレーディング

エコトレーディングは文房具やランドセルをはじめ、不用品を寄付することで国際社会貢献につなげるサービスです。寄付の対象となるものは家電から日用品まで幅広く、送り方も簡単。 また、エコトレーディングに寄付された不用品は、タイやフィリピンのリサイクルショップで販売され、現地の人の生活を支えています。不用品を片付けると同時に、社会貢献につながるおすすめのサービスです。

エコトレーディング

いいことシップ

いいことシップは、不用品の寄付で子どもたちを支援するサービスです。日本全国、それぞれの地域に寄付先を設けていることが特徴で、地域密着型の寄付活動に取り組んでいます。寄付の対象となる品物も幅広く、段ボールに詰めて送るだけなので、簡単に寄付が可能です。

いいことシップ

不用品の処分に困ったら寄付がおすすめ

このように、不用品を寄付するサービスは、インターネット上だけでもたくさんあります。不用になったものが、寄付することで誰かの役に立つのであれば、このようなサービスはぜひ利用したいところです。 もったいない、という気持ちから寄付やリユースといった、何かしらのアクションを起こすだけでも、ごみの削減、環境保全といった社会貢献につながる可能性があります。不用品の処分をお考えでしたら、ぜひこちらを参考にして、寄付サービスをお試しください。

Share