リサイクル
2022/9/21

【捨て方から寄付まで】アクセサリーの処分とリメイクの方法

「デザインが合わなくなった」「プレゼントとしてもらったけど好みに合わない」「イヤリングの片方をなくしてしまった」などの理由で、アクセサリーの処分を考えていませんか?

しかし、いざ捨てようと思ったときに「もったいない」「申し訳ない」と感じて、ついつい捨てられずにいることはないでしょうか。また、アクセサリーにはさまざまな素材が使われているので、分別が難しいですよね。

このような理由でアクセサリーの処分方法に困っている方へ、捨て方・リユース・リサイクル・寄付などの方法をご紹介します。

アクセサリーの捨て方は?適切な処分方法

ここでは、アクセサリーの正しい捨て方と、「もったいない」と感じている方に合ったリユース方法をご紹介します。

ごみとして処分する場合

処分に手間をかけたくない、壊れていて再利用が難しい場合は、ごみとして処分する方法が最も手軽です。

多くの自治体ではアクセサリーを「燃やせないごみ」として分別しています。しかし、次のように、アクセサリーに使われている素材によって分別方法を分けている自治体もあります。

  • 金属製・陶器製・ガラス製・天然石…燃やせないごみ
  • 木製・プラスチック製・革製・布製・レジン…燃やせるごみ

ただ、自治体によって分別方法が異なる場合や、自治体ホームページの分別表に記載されていない場合も多いので、直接自治体に問い合わせて確認してみましょう。
燃える部品と燃えない部品が混在していているアクセサリーは、それぞれ外して分別します。外せない場合は、「燃やせないごみ」に分別する自治体もあります。

買取サービスを利用する

買取サービスの利用は、ブランドのアクセサリーの処分を考えている方に合った方法です。ユニクロやH&Mなどのファストファッション店で購入した安価なアクセサリーや、ノーブランドのものは買取してもらえる可能性は低いでしょう。

しかし、中には「トレファクスタイル」のようにノーブランドのアクセサリーを買取対象としているサービスもあります。お金になることはあまり期待せず、まずは査定に出してみるのもいいかもしれません。ただし、汚れのひどいアクセサリーは買取対象とならないので、査定前にきれいにしておくことが大事です。

不用品回収サービスを利用する

もし、大掃除や引っ越しなどでアクセサリーのほかにも不用品が出た場合は、不用品回収サービスを利用すると効率的に処分できます。

  • ・PC・プリンター・モバイルバッテリーなどの電子機器
  • ・ゲーム機器
  • ・加湿器・扇風機・炊飯器などの家電
  • ・食器や調理器具
  • ・楽器・釣り道具・ゴルフセット・キャンプ用品などの趣味用品
  • ・衣類やバックなどのファッションアイテム
  • ・子どものおもちゃ類

など、「もったいない運送」をはじめとする不用品回収サービスを利用すれば、幅広い商品を自宅までトラックで回収しに来てくれます。多くの不用品をまとめて回収する場合は、コストパフォーマンスが高い方法と言えます。

誰かに譲る/寄付する

「売り物にならないけど、なんだか捨てるのはもったいない」そんな方には、譲ったり、寄付したりすることで、気持ちよく手放せるかもしれません。

デザインが今の年齢に合わなくなったり、気に入らなくなったりした場合でも、誰かにとっては新鮮に映ることもあります。母から子へ譲ったり、親しい誰かに譲ったりするのもよいでしょう。

身近な人には譲りづらい、少しでも誰かに貢献したいと思われる方は、「キフコレ」のように寄付できるサービスもあります。不用品を郵送するだけで国内外の雇用を生み出したり、水をきれいにする浄化剤を発展途上国に寄付できたり、誰かの生活を豊かにできます。

捨てずに活用!使わないアクセサリーの使い道

アクセサリーとしては使わなくなった場合でも、ネックレスやピアスのチャーム部分が気に入っている場合は別のアクセサリーへのリメイクがおすすめです。また、身に付けずにインテリアの装飾に使うなどの活用法もあります。ここでは使わなくなったアクセサリーのリメイク方法をご紹介します。

パールやビーズは再びアクセサリーに

パールやビーズなどの紐を通せる穴のあるパーツは、新たにアクセサリーを作る場合のパーツになります。分解してテグスに通すだけでネックレスができますし、100円ショップのアクセサリーパーツを利用すれば簡単にピアスやブレスレットも作れます。

ヘアゴムやヘアピンの飾りに

シンプルなヘアゴムやヘアピンも、接着剤やパーツを使ってブローチやペンダントのトップを付ければ、新たなファッションアイテムに生まれ変わります。スパンコールやビーズなど細かな装飾を取り外して集め、樹脂のレジンを使って固めれば、ヘアゴムやヘアピンにつける飾りにもなります。

ブローチのチャームに

ピアスのチャームをニッパーで外し、安全ピン型のブローチに通せばブローチのチャームとして活用できます。片方だけなくしてしまったピアスも、オリジナルアクセサリーとしてリメイクできます。

額に飾ってインテリアに

派手なデザインのブローチやリングも、額縁に並べて飾ればインテリアとして活用できます。金色の金具で装飾されているものはゴージャスに、ビーズやガラスでできたものはナチュラルなインテリアになります。

リメイクの依頼をする

親から譲ってもらった思い入れのあるアクセサリーは、ハンドメイド作家にリメイクを依頼するのもおすすめです。インスタグラムや「minne(ミンネ)」などのハンドメイド作品出品サービスなどで、ハンドメイド作家にリメイク依頼ができます。リメイクすれば、しまっていただけのアクセサリーが、お気に入りのアクセサリーに生まれ変わるかもしれません。

アクセサリーを処分して社会貢献に

あなたのアクセサリーでできることは、再び誰かに使ってもらうことだけではありません。
「もったいない運送」を利用すれば、リサイクル・リユースを含めた、次の4つの社会貢献ができます。

  • ・リサイクル・リユースの促進
  • ・国内外の雇用の創生
  • ・発展途上国の人々を豊かにする
  • ・売り上げの一部で約100リットルの水を浄化する浄化剤を寄付

もったいない運送で回収された不用品のうち、リユースできるものは発展途上国へ輸出され現地で販売。現地での雇用を生み出すとともに、現地の人々の生活を豊かにし、売り上げの一部で安全な暮らしをサポートしています。

また、リユースできないものでも部品をリサイクルできるものは、国内のNPOの作業所に送られ、障がい者の雇用創出と就労支援につなげています。

「もったいない」が世界の誰かの「ありがとう」につながる。そんな活動に参加してみませんか。

 

Share