不用品回収
2021/2/24

電子レンジを捨てるには?悩まない処分方法5選をご紹介

私たちの生活を支える家電はさまざまですが、電子レンジもその1つです。

しかし、壊れてしまったり買い替えだったりで、電子レンジを手離すこともあるでしょう。

電子レンジの捨て方とは、どんな方法が適切なのでしょうか。

電子レンジの適切な処分方法をご紹介します。

電子レンジの捨て方は?処分方法5選

電子レンジを処分する方法は、いくつかありますが、その中でも捨てやすい方法を5つご紹介します。

自治体による回収

電子レンジを処分する方法の中でも最も一般的なものは、自治体に回収してもらうことです。

自治体による回収となると、分別する必要がありますが、電子レンジは燃えないゴミか粗大ゴミとなります。

これは自治体やサイズによって異なるため、事前に燃えないゴミか粗大ゴミなのか確認しておきましょう。

粗大ゴミの場合は、自治体に申し込みをした後、コンビニやスーパーで有料ごみ処理券を購入します。

そして、指定日に指定された場所へ電子レンジを出す必要があります。

家電量販店へ下取りに出す

買い替えるときは、購入先の家電量販店で処分したい電子レンジを下取りに出せる場合があります。

下取りの金額を新しい電子レンジの購入金額から値引きできるため、お得な処分方法だと言えるでしょう。

買い替えでの下取りではなく、引き取りをお願いする場合は料金が発生します。また、すべての家電量販店が下取りや引き取りを対応してくれるわけではないので、事前に購入予定の店舗へ問い合わせてください。

買取サービスを利用する

リサイクルショップに電子レンジを買取してもらうことも、適切な処分方法の1つです。

昨今ではインターネットでも買取サービスを利用できます。

リサイクルショップは電子レンジを店舗まで持ち運ぶ必要がありますが、インターネットの買取サービスは宅配買取や出張買取といった手法もあります。

インターネットによる買取を利用すれば、比較的に手間がかからず、電子レンジを処分できると言えるかもしれません。

フリマやオークションに出品する

インターネットを利用すれば、フリマアプリやオークションサイトで、電子レンジを出品できます。

ただ、この方法は出品の手続きから梱包も自身で行う必要があります。

また、売り手がつかない場合は売れ残ってしまうことも。

手間と時間がかかってしまう方法なので、電子レンジの処分を急いでいる場合は、適切とは言えないかもしれません。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に電子レンジの回収を依頼することも、大変便利な方法です。

回収してもらうために料金は発生してしまいますが、比較的スムーズに電子レンジを処分できます。

電子レンジの処分を急いでいるときは、ぜひ利用したいサービスだと言えるでしょう。

電子レンジの処分に発生する費用は?

電子レンジを処分するために必要な費用はいくらほどになるのでしょうか。

粗大ゴミとして処分する場合は、500円~1,000円程度となります。

家電量販店で下取りではなく、回収をしてもらう場合は、これも店舗や大きさによりますが、500円~4,000円程度となります。

不用品回収業者による電子レンジの回収は、5,000円程度の費用がかかりますが、パック料金で他のものもお願いして同じ値段ということもあります。

これらの費用はあくまで目安なので、必ず対応してくれる自治体や店舗に確認しましょう。

家電量販店の回収や不用品回収を利用する予定があれば、いくつかの店舗に確認を取って、できるだけ費用を抑えられるところや、ご自身の状況に合ったところを選ぶと良いでしょう。

電子レンジ処分は不用品回収業者へ依頼がおすすめ

電子レンジの処分は不用品回収業者に依頼することがおすすめです。

不用品回収業者は指定した日に駆け付けてくれるだけでなく、環境に負担をかけず不用品を処分できます。

なぜなら、不用品回収業者が回収した不用品は、ゴミとして処分されるのではなく、リサイクルやリユースされるからです。

もし、電子レンジの他にも不用品がいくつか出てきた場合は、ぜひ不用品回収業者を利用してみてください。

リユースやリサイクル、寄付に繋がる不用品回収サービスをお探しなら、もったいない運送

Share