• 不用品を送っても、SNSでシェアしても
    100L分の水を安全できれいにする浄化剤を寄付する
    取り組みを実施中です。

  • あなたの
    「もったいない」を
    寄付にもつなげてみませんか。

  • 軽トラック1台分の送料で、
    あなたの不用品が世界の人々の役に立っています。
    「もったいない運送」は、
    身の回りのスッキリが社会貢献につながるサービスです。

  • 今日も寄付で
    見知らぬ誰かの笑顔が
    生まれました。

  • 「もったいない」が
    世界の
    「ありがとう」につながっています。

行田市で不用品回収サービスをお探しならもったいない運送

行田市で家電や家具など不用品にお困りなら「もったいない運送」にお任せください。もったいない運送なら、他社で10,000円~30,000円以上かかるトラック1台分の不用品回収を送料のみの6,600円~対応いたします。もったいない運送で回収された不用品は、リサイクルやリユースによって役立てられるだけでなく、売上の一部で発展途上国を支援する取り組みも行っています。行田市で引越しや転勤、年末の大掃除など不用品を手早く片付けたいときはもちろんのこと、不用品を処分してしまうことがもったいないと感じる、まだ使えるものは誰かの役に立ってほしい、という場合もぜひもったいない運送にご相談ください。

お申込みいただいたあと、2営業日以内に送料と集荷日時などについて確認のお電話をさせていただきます。送料の確認のあとにキャンセルも可能です。まずはお気軽にお申し込みください。

私どもは、お送りいただきましたモノを有効利用できるようサポートさせていただきます。弊社は不用品の輸出販売をメインに行う営利企業です。その為、みなさま一人一人が不用品をお送りいただくことにより「もったいない運送」が成り立ちます。みなさまから集められたモノを販売し、その売上の一部を寄付させていただきます。

費用に関しての詳細はこちら
2022年7月末までの
寄付実績
水浄化剤
150
万ℓ

相当
飲み水
60
万人
の1日分
※寄付の実績は、キフコレとの合計の数値です。
もったいない運送を
利用するだけ、SNSでシェアするだけ

100L分の水をキレイにできる
浄化剤が寄付
されます。

もったいない運送は寄付いただきました不用品を有効利用できるよう、輸出販売をメインに行う営利企業です。みなさまからお送りいただいた不用品を販売して得た、売上の一部で水浄化剤を購入し、途上国に寄付しています。その他にも、社会貢献につながる取り組みを行っています。

不用品の回収なら、一般も法人も
「もったいない運送」へお任せください。

他社では10,000円~30,000円以上かかる回収を「もったいない運送」では軽トラック1台分の不用品回収を送料のみの6,600円(税込)~ご対応致します。

Recommend こんな方に
おすすめ

  • 捨てるとなるともったいないので、また誰かに使ってもらいたい
  • できるかぎり、簡単に、安く片付けたい
  • いろいろな種類不用品が大量にある(軽トラック 1 台分~)
  • 年末の大掃除、転勤、引越し、実家の整理、ライフスタイルの変化などで出た不用品を片付けたい
  • 近所、友人、自治会、職場、その他まとめて片付けたい(回収は一ヶ所)
  • 簡単に社会貢献できるなら、不用品を送って寄付にも活用してもらいたい

軽トラ1台分って
どのくらい?

軽トラって意外と広いので、約3.5㎥も積めます。
これだけ入れても、まだ余裕があります!!

軽トラ1台分も荷物がないという方や、送料をできるだけ安く抑えたい方は、不用品を段ボールに入れて送るだけの姉妹サービス
「キフコレ」
をご利用ください。
※キフコレは全国47都道府県、どこからでもお送りいただけます

Needs海外で特に需要があるモノ

  • ミシン
  • 炊飯器
    空気清浄機
  • ガスストーブ・
    ファンヒーター
  • ゲーム機
  • 釣具
  • 自転車
  • ハンドツール
  • かばん
送ることができるモノの詳細

不用品回収 行田市の対応エリア

旭町・荒木・壱里山町・犬塚・忍・押上町・小見・利田・門井町・上池守・北河原・行田・小敷田・小針・駒形・斎条・栄町・酒巻・埼玉・桜町・佐間・皿尾・清水町・下池守・下忍・下須戸・下中条・城西・城南・白川戸・水城公園・須加・関根・棚田町・中央・堤根・天満・藤間・中江袋・中里・長野・西新町・野・樋上・深水町・富士見町・藤原町・本丸・前谷・真名板・馬見塚・緑町・南河原・宮本・向町・持田・谷郷・矢場・若小玉・渡柳・和田

 

Quotation送料簡単お見積もり

住所を都道府県名から番地まで入力して、送料目安ボタンを押して下さい。

送料目安: 0円
  • 上記は料金目安となり、実際の距離、搬出環境(荷積みにかかる時間)、待機時間、高速料金、休日割増、地区割増等により費用が追加される場合があります。
  • 詳しい費用に関しては、「お問い合わせ」から「料金に関するお問合せ」を選択して頂き、ご確認ください。

Flowサービスの流れ

お申込み頂いた後、 2営業日以内に送料と集荷日時などについての確認のお電話をさせていただきます。
送料をご確認後にキャンセルも可能です。
まずはお気軽にお申し込みください。

  1. 01

    01 お申込み

    01
    1. お申込みフォームから必要事項を記入して「お申し込み」をしてください。
    2. 申込み受付完了のメールを返信いたします。
  2. 01

    02 送料と集荷日時の確認

    02
    1. お電話で不用品の数、集荷日時、集荷先の搬出環境などのヒアリングをさせていただきます。
    2. 確認させていただいた内容をもとに算出した運送料金をメールでお伝えいたします。
    3. 運送料金に同意されましたら、集荷(配車)の日時についてお電話をさせていただきます。

    ※前日もしくは当日のキャンセルの場合には、キャンセル料がかかります。
  3. 01

    03 集荷 ‐オンオクリがはじまる‐

    03
    1. ご指定の日時に、集荷場所にドライバーがお伺いいたします。
    2. ドライバーが不用品をトラックに積み込みます。
    3. 積み込み完了後、ドライバーに運送料金を現金でお支払いください。お客様の不用品が、社会の必要品として運ばれていきます。
    ※梱包は不要です。ドライバーが搬出しやすい玄関付近に置いていただくようお願い致します。

行田市の特徴

行田市は、埼玉県の北部に位置する市で、面積は67.49平方キロメートル。市の木はイチョウ、市の花はキクが制定されています。

行田市の北は、利根川を境に群馬県と接しています。ほぼ全域が利根川と荒川の沖積平野で、土地の高低差がほとんどない平らな地形であることが行田市の特徴です。利根川左岸にも市域はありますが、利根川の河川敷であり、居住者はありません。

行田市大字埼玉は、古くは万葉集に「さきたまの津」という記述があり、風土記にも「武蔵国埼玉郡」とあることから、埼玉県という地名の発祥地と考えられています。室町時代には忍城が築かれ、成田氏を中心とする武士団の本拠地でした。戦国時代には後北条氏と結び、豊臣秀吉の小田原征伐で石田三成の攻撃を受けた「忍城の戦い」が有名です。

江戸時代の中期からは、下級武士の内職として足袋の生産が始まります。明治時代には機械化され、行田足袋と呼ばれるほど、一大産地になり、最盛期の1938年には約8,500万足の足袋を生産。全国シェアの約8割を占めました。

第二次世界大戦後は、日本の洋装化が進んでナイロン製靴下が普及したことで、行田の足袋産業は衰退しましたが、現在も生産は続いています。それは「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」として日本遺産に認定され、観光資源にもなっています。

行田市のごみや資源への取り組み

行田市は、環境保全やごみ削減のために、さまざまな3Rに関する取り組みを行っています。

2022年、行田市は「行田市ゼロカーボンシティ宣言」を行いました。ゼロカーボンシティとは「2050年に二酸化炭素を実質ゼロにすることを目指すと首長自らが又は地方自治体が公表した自治体」のことを指します。実質ゼロとは、二酸化炭素を始めとする温室効果ガスの排出量と森林などの吸収による除去量との均衡を達成することです。そのために、行田市では、省エネルギーの推進、創エネルギーの普及推進、自然環境の保全を行っています。

行田市は、ツル性の植物で作る「緑のカーテン」を利用することで、夏季の冷房にかかるエネルギー使用量の抑制を呼びかけています。2020年には緑のカーテン用の苗を無料で配布し、行田市緑のカーテンコンテストも行っています。

行田市には、燃やせるごみを処理する施設「小針クリーンセンター」が小針に存在し、施設見学も可能となっています。見学を希望する場合は、事前に電話で予約と申請書の提出が必要です。