• 不用品を送っても、SNSでシェアしても
    100L分の水を安全できれいにする浄化剤を寄付する
    取り組みを実施中です。

  • あなたの
    「もったいない」を
    寄付にもつなげてみませんか。

  • 軽トラック1台分の送料で、
    あなたの不用品が世界の人々の役に立っています。
    「もったいない運送」は、
    身の回りのスッキリが社会貢献につながるサービスです。

  • 今日も寄付で
    見知らぬ誰かの笑顔が
    生まれました。

  • 「もったいない」が
    世界の
    「ありがとう」につながっています。

炊飯器の不用品回収ならもったいない運送

炊飯器の不用品回収はもったいない運送にお任せください。もったいない運送は回収した炊飯器をリユース・リサイクルによって有効活用につなげるサービスです。また、炊飯器の回収にもったいない運送をご利用いただくと、売上の一部で購入された水浄化剤が途上国に寄付されるなど社会貢献活動につながります。ご利用の料金は他社で10,000円~30,000円以上かかるトラック1台分の不用品回収を送料のみの7,300円~対応。回収対象は炊飯器をはじめとする、家電や家具などさまざまです。引越しや転勤、年末の大掃除など炊飯器以外もたくさんの不用品がある場合は、もったいない運送までご相談ください。

お送りいただける代表的な炊飯器メーカーの例

日立(HITACHI) / 東芝(TOSHIBA) / パナソニック(Panasonic) / 三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC) / 象印(ZOJIRUSHI) / タイガー(TIGER) / アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / バルミューダ(BALMUDA) / シャープ(SHARP) / バーミキュラ(VERMICULAR)など

メーカー、機種、状態問わず、お送りいただけます。

私どもは、お送りいただきましたモノを有効利用できるようサポートさせていただきます。弊社は不用品の輸出販売をメインに行う営利企業です。その為、みなさま一人一人が不用品をお送りいただくことにより「もったいない運送」が成り立ちます。みなさまから集められたモノを販売し、その売上の一部を寄付させていただきます。

費用に関しての詳細はこちら
2023年3月までの
寄付実績
水浄化剤
200
万ℓ

相当
飲み水
80
万人
の1日分
※寄付の実績は、キフコレとの合計の数値です。
もったいない運送を
利用するだけ、SNSでシェアするだけ

100L分の水をキレイにできる
浄化剤が寄付
されます。

もったいない運送は寄付いただきました不用品を有効利用できるよう、輸出販売をメインに行う営利企業です。みなさまからお送りいただいた不用品を販売して得た、売上の一部で水浄化剤を購入し、途上国に寄付しています。その他にも、社会貢献につながる取り組みを行っています。

不用品の回収なら、一般も法人も
「もったいない運送」へお任せください。

他社では10,000円~30,000円以上かかる回収を「もったいない運送」では軽トラック1台分の不用品回収を送料のみの7,300円(税込)~ご対応致します。

Recommend こんな方に
おすすめ

  • 捨てるとなるともったいないので、また誰かに使ってもらいたい
  • できるかぎり、簡単に、安く片付けたい
  • いろいろな種類不用品が大量にある(軽トラック 1 台分~)
  • 年末の大掃除、転勤、引越し、実家の整理、ライフスタイルの変化などで出た不用品を片付けたい
  • 近所、友人、自治会、職場、その他まとめて片付けたい(回収は一ヶ所)
  • 簡単に社会貢献できるなら、不用品を送って寄付にも活用してもらいたい

軽トラ1台分って
どのくらい?

軽トラって意外と広いので、約3.5㎥も積めます。
これだけ入れても、まだ余裕があります!!

軽トラ1台分も荷物がないという方や、送料をできるだけ安く抑えたい方は、不用品を段ボールに入れて送るだけの姉妹サービス
「キフコレ」
をご利用ください。
※キフコレは全国47都道府県、どこからでもお送りいただけます

Needs海外で特に需要があるモノ

  • ミシン
  • 炊飯器
    空気清浄機
  • ガスストーブ・
    ファンヒーター
  • ゲーム機
  • 釣具
  • 自転車
  • ハンドツール
  • かばん
送ることができるモノの詳細

Quotation送料簡単お見積もり

住所を都道府県名から番地まで入力して、送料目安ボタンを押して下さい。

送料目安: 0円
  • 上記は料金目安となり、実際の距離、搬出環境(荷積みにかかる時間)、待機時間、高速料金、休日割増、地区割増等により費用が追加される場合があります。
  • 東京都23区からのご依頼の場合は、協力運送事業者「赤帽」の料金規定により地区割増料金が発生します(上記送料目安に含まれています)。
  • 詳しい費用に関しては、「お問い合わせ」から「料金に関するお問合せ」を選択して頂き、ご確認ください。

Flowサービスの流れ

お申込み頂いた後、 2営業日以内に送料と集荷日時などについての確認のお電話をさせていただきます。
送料をご確認後にキャンセルも可能です。
まずはお気軽にお申し込みください。

  1. 01

    01 お申込み

    01
    1. お申込みフォームから必要事項を記入して「お申し込み」をしてください。
    2. 申込み受付完了のメールを返信いたします。
  2. 01

    02 送料と集荷日時の確認

    02
    1. お電話で不用品の数、集荷日時、集荷先の搬出環境などのヒアリングをさせていただきます。
    2. 確認させていただいた内容をもとに算出した運送料金をメールでお伝えいたします。
    3. 運送料金に同意されましたら、集荷(配車)の日時についてお電話をさせていただきます。

    ※前日もしくは当日のキャンセルの場合には、キャンセル料がかかります。
  3. 01

    03 集荷 ‐オンオクリがはじまる‐

    03
    1. ご指定の日時に、集荷場所にドライバーがお伺いいたします。
    2. ドライバーが不用品をトラックに積み込みます。
    3. 積み込み完了後、ドライバーに運送料金を現金でお支払いください。お客様の不用品が、社会の必要品として運ばれていきます。
    ※梱包は不要です。ドライバーが搬出しやすい玄関付近に置いていただくようお願い致します。

不用品回収された炊飯器は必要な人たちへ

炊飯器は日本人の主食であるお米を炊くために使われる調理家電です。日本では古くから炊飯の手間暇を省く方法が求められ、商品開発が行われてきました。日本人にとって、米は重要な主食でしたが、かまどによる炊飯は重労働であり、多くの家電メーカーがこの解決に取り組みます。1923年、三菱電機が世界初かつ業務用の電気炊飯器を発表。しかし、自動ではなく一般人の利用も難しいものでした。一般に自動炊飯器が普及したのは、高度経済成長期に入った1955年のこと。東京芝浦電気から世界で初めて発売されます。当時は日本国内のみで製造から販売、購入されていましたが、日本食ブームが到来したことで、欧米で需要が高まりました。さらに、アジア諸国でも家庭所得の増大と省力化の波により、炊飯器の需要が増大。輸出や現地生産が盛んになりました。
このように、炊飯器は日本国内だけでなく、海外からの人気もある調理家電です。そのため、まだ使える炊飯器を捨ててしまうことがあれば、とても「もったいない」ことだと言えます。そんなときは、もったいない運送までご相談ください。もったいない運送は、軽トラック1台分の不用品を回収するサービスです。回収した炊飯器は、リユース・リサイクルに役立て、さらに4つの社会貢献につながる取り組みを行っています。回収対象は炊飯器だけでなく、家電や生活雑貨など幅広く対応しているため、引っ越しや大掃除で不用品がたくさん出たときは、大変便利なサービスです。炊飯器が不用になってしまったが捨てるのはもったいない。せっかくなら誰かに使ってほしい。そんなときは、ぜひもったいない運送までご連絡ください。